専門性の高い勉強をするなら手厚いサポートの中で受けられる。

違いとメリット

個別学習と集団学習の違いについて

新たな学習塾の形態として注目されているのが、個別指導スタイルの塾です。個別指導とは、講師と生徒が1対1など少人数の形式で授業を行うことを指します。それでは、既存の学習塾と個別指導の塾の違いについて考えていきます。一般的な学習塾では、大勢の生徒に対して1人の講師で授業を行います。こうした学習塾では、プロの教師が指導するケースが多く、ハイレベルな授業を受けることが可能です。その上、受験に特化したクラスもあり、それに関する情報も豊富に持っています。一方、個別指導の塾では、生徒一人一人のレベルやスタイルに合った授業を受けることができます。つまり、生徒の苦手な科目を重点的に強化する手助けや、部活動などを考慮し、授業開始時刻を調節することも可能なのです。

個別指導の人気の理由について

少子化が加速していく中、子供への教育に熱心に取り組む親は、益々増加すると考えられています。それと同時に、学習塾のような学校以外の教育も益々注目を集めるとされています。そんな中、数を急速に増やしているのが個別指導塾なのです。 ではなぜ、個別指導塾が多くの人の支持を集めているのか、その理由を探っていきます。それは、個人のペースに合った学習ができるという点です。集団で授業が行われる既存の塾では、他の生徒との切磋琢磨により成績を向上させます。しかし、その方法には強い競争心が必要とされます。ですが、近年の子供は、競争を避ける傾向を持つ場合があります。そのため、既存のスタイルに適合できないケースも少なくないのです。現在の子供たちに合った学習方法で、成績が効率的にアップするとして支持されているのです。